スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化朝顔の行灯作り。

面白い葉が発現した変化朝顔を行灯作りに仕立てました(;´Д`A



何本もでた蔓を節が詰まってそうなのを選んで、3本にして上から見て右巻きに支柱に巻いて行きます。
実は朝顔はツル巻きがポイントだと江戸朝顔を作ってる方も言ってた様な気がします。



まだまだこれからですね。

使っているマテリアルは今時の物ですが、栽培手法は古典をナゾって作って見ようと言うのが今年の夏の園芸テーマでもあります(;´Д`A



こういう面白い本も買いました。
江戸の園芸は世界一ィィィだった時代の浮世絵に描かれた花々が集められてまして古典園芸に興味がある方にはお勧めの本です。
あっ別に宣伝でもなんでも無いですが。
この本を見ると竹を巧みに使って仕立てた朝顔を見る事が出来ます。
残った株で色々遊んで見るのも良いかもしれませんね。

…但し、本業を疎かにせずに(;´Д`A
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かわけんさんの朝顔さん達、早くお花が咲かないかな~♪

ほほぅ。
そういう本もあるんですね。
図書館にあるかな~?

ダブル咲きの朝顔の種を蒔いてみたのですが
咲いたら普通のピンクの朝顔でした。(-ω-;)
もっといっぱい咲いたらダブルも出てくるのかしら?

さやさん

朝顔は蕾らしき物がもうでて来てますよ。
江戸の花は新刊ですが、浮世絵系の本が充実してたらあるかも。
是非見て下さい( ^ω^ )
変化咲きの物は種を沢山蒔かないと維持がむつかしい様です。
発現率も低いのかも知れませんがまた咲くと出るかもしれないですね。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。