スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モグラ対策方色々

東京では多肉植物のビックバザールをやってるそうで。。。
羨ましいと散々Twitterなどで発信してますが、本音を言うと欲しい物が無かったりします∑(゚Д゚)
欲しい物があれば直接園に行ったり種蒔いたり、ネットで地道に買ったりしてます^^;
多肉を始めて十数年。。。どれだけ殺したか分かりません。

話は変わってこの時期になると困るのがモグラ。
芝庭を荒らしたり、大事な球根を齧られたり…これはモグラの穴を便乗して使ってる野ねずみの仕業でもありますが。

モグラやネズミに球根を齧られ無い方法は意外に知られてませんが、杉の葉っぱやチクチクの葉っぱのコニファーなどを植え付けの時、球根に巻いて植えると良いそうです。
イギリスの古典園芸の手法だそうです。

4月の今からだと間に合わないですが。

モグラ対策としては穴に灯油とか忌避剤とか風車とか超音波とか色々ありますが、決定打にはなりません。

一番有効と思われるのは、餌を断つ方策を取る事です。

モグラは基本肉食獣でふとミミズを主食にしてます。
なのでミミズを減らす方法を紹介します。

・芝専用の殺虫剤を蒔く これはゴルフ場のグリーンキーパーが良くやる手法です。
リラークDFやアストロ乳剤と言う物があります。
広範囲に散布出来るのが利点。
但し、医薬用外毒劇物なので扱いは要注意です。

・椿油カスを使う これが一般家庭で一番安全に散布できます。
椿油を精製した副産物の油カスなので環境に優しいし肥料にもなります。
椿に含まれるサポニンがミミズに効くのです。



ただしサポニンは貝や魚にも影響を与えるから川や池があると使えませんが。

天然成分→安全と言う考えは捨てましょう。

農薬にせよ油カスにしろ雨上がりが有効です。
4月頃にミミズは孵化するので使って見るのも良いです。
6月頃に糞塚を見かけたら雨上がりの夕方に蒔くのが一番良いですが。

ミミズが減ればモグラも減りますが、ミミズもモグラも土を耕す優秀なガーデナーでもあります。

許容の範囲ならそのままにと言う選択もあります。

自然と共生はガーデナーの命題。
とうまいこと言って置きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。