スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再投稿恐るべしクルクルアルブカ

アルブカ記事の再投稿です。
少し難しい内容なので興味がある方は一考されると良いかも^^;

クルクルの葉っぱが最近人気の球根、アルブカの紹介です。
アルブカは南アフリカ球根ですが寒さに強く良く増えます。
多肉屋さんでも取り扱いが増えてますが、球根は球根の扱いで育てた方が無難です。

写真はアルブカ・ウィスコサ。
一番出回るクルクルは人気があります。
。。。が、実はウィスコサ、スピラリス、ナマクエンシスとクルクルアルブカは3種あるんです。
しかもかなり似てるし、交雑もしてるので見分けは中々難しいのです(´Д` )


上写真、アルブカ・スピラリス。
お店では大抵ナマクエンシスと一括りにされてます。
少し知識があるとこだとスピラリスと分類してあります。
この時期の見分け方は葉っぱの微毛です。
微毛がびっしり生えてるのがウィスコサ。
微毛が葉っぱの付け根に生えてるのがナマクエンシス。
葉っぱがツルツルなのがスピラリス。
ですがぁ~スピラリスには有毛タイプもあるのですΣ(゚д゚lll)
しかも、ナマクエンシスとスピラリスは同じ場合から出現するらしいです。
有毛スピラリスがナマクエンシスとして出て、カールが緩いタイプかな?と思ったらスピラリスかも^^;
受粉時の特徴としては。。。
スピラリスはやや花数も少ないけど、自家受粉しやすい。
ナマクエンシスとウィスコサは花数が多く自家受粉はしないが、交雑しやすい。
らしいです。
ナマクエンシスとウィスコサの交雑まで参入されたら一園芸店や多肉屋さんではもう何が何だかと言う感じでしょうね( ;´Д`)
因みにナマクエンシスにはオランダで選抜されたフリズルシズルと言う葉っぱが幅広の種もあります。
たまに普通のナマクエンシスいやウィスコサかもしれない種をフリズルシズルとして売る店を見ますが、これはアウトかも。

立て巻ロールのコンコルディアナ。
これもロールし無い種があります。
紛らわしいですね。

こんな感じの物もあります。

コレは直線の葉っぱフミリス。
球根を出して育てるとこんな感じになります。
植え替えしろって感じですが^^;

コレは不明。

コレも不明^^;
札をボールペンで書いたら剥げました。
鉛筆で札を書いた方が良いですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クルクル葉っぱは憧れますね~。(*´∇`*)
お蝶婦人(昔のアニメに出てたヒト。)のもみあげっぽいです。(笑)
ビックバザールで買おうか、いつも迷います。
でも、育てる自信がないので、ついエケやハオに走ってしまいます。(笑)

ワラビだったら、その辺に沢山はえてるのになぁ・・・。(#´ω`)=3 

さやさん

クルクルは最近人気がありますね。
本当はもっと雨風に当てるともっとクルクルになるんですが。。。

エケやハオより簡単ですよ。

ワラビ見たいなシダ類も自分は好きです(・ω・)ノ
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。