スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生花とリースの



西洋人もようやく気がつき始めたな。
日本ではとっくに気がついてたんだけどな(・ω・)ノ

山川草木悉皆成仏って日本の仏教の言葉だけど、草木にも石にも水にも仏性があるのに人間が仏になれない訳が無いって意味があります。

まぁ簡単に超訳すると生き物の魂は平等だから調子に乗るなよ人間。
って感じでしょうか。

八百万の神って言うけどそれに似てる。

生花・嵯峨御流の家元は京都嵯峨にある大覚寺。
大覚寺は真言宗の門跡なので仏教の教えを重視してます。



生花の初稽古をこないだやりました。
木瓜の枝は自由奔放なのがらしい感じ故にそのまま乱成体と言う花態で生けました。
自然に逆らわない生花のスタイルは仏教の精神に似てます。



逆に自然に逆らってしだれ柳を巻いてリースの土台を作りました。



悪ノリしてこんなわらじもどきも^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わらじやったんか!
私洗濯板か思てたわ^^

なんやかんやと忙しそうやな・・・・・

そうそう藤とかもリースにするんやったらこの時期やんな!
草木も眠る丑三つ~~ちゃうかった(^_^;)

このリース枯れたら茶色になるん?
使い方考えるんも楽しそうやな^^

ゆっくらりさん

これで洗濯したらボロボロになりそうですね。
布団叩きには良いかも。

この時期はお客さんが来ないのでこういう事やってます。
ゆびが痛くなります。。。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。