スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サボタニ園の魅力を語るw

前記事の流れからのサボテン・多肉園通称サボタニ園の魅力を主観でまとめ風に記事にします。
前記事と被る部分も多々あります。
こんな魅力もあるぞーとか何にも分かっちゃないな~と言う御意見があればお聞きします。

サボタニ園とはサボテンや多肉植物、バルブ植物を生産販売する園である。

個人の趣味が高じてビニールハウスや温室を建設して他の趣味家などと語り合うスペースと趣味家向けのサボタニを集め自慢wや販売をする憩いの場である。

自分が生まれる前からやって居られる方も多いので必ず連絡して行く事。
理由は…言わせないで^^;

ビニールハウスや自作で作った温室など色んな形態がある。
温室の歴史など感じれるかも。

サボテン廃人はハウスを開けた瞬間良い園か分かる。
サボテン特有の匂いがぷんと漂って来るとテンションが上がります( ^ω^ )
ある人がサボテンの重鎮と呼ばれる方にハウスに来て頂いた時、開けた瞬間に…
「サボテンが死んでるやないか」
と言われた話もありますよ(;´Д`A
そんな方は自分のハウスには呼べないわ^^;
あとは、熱気みたいな物でも分かる。

サボタニ園は人より植物優先なので狭い事が多い。
ヒラヒラの服やサンダルは厳禁です。
※前記事参考

高価なサボテンなどが無造作に置いてある^^;
変なサボだなと感じてじっと見たら、コレはね~と始まりますよ。

とにかく話好き。
園主さんは話好きが多いです。
話嫌いは園をやらないですよね^^;
長い話の中にも栽培のヒントが隠されてるかも。
とにかく具体的な栽培方法など聞いても教えてくれない方も多いですが、会話の中にさりげなくヒントが入ってたりします。
基本話好きですから( ^ω^ )

非売品も多いが、話の流れ次第で売って貰える場合もある。
価値が分かる人、大事にしてくれる人に譲りたいと言う物もあります。
貰い物をクレクレして貰ったら大事にしない奴いますよね(´Д` )
見極めてるんですね。
そういう非売品サボは高額で入手してる事が多いので安く言ったり、値切りは御法度ですよ。

捨て場は見て見ぬフリをする。
矢張り人間なので失敗も沢山されてます。
ましてや、捨てたのをまだ生きてるやないかと言って拾ってこないように。
バイラス入ってたりするし、ゴミを◯◯園からタダでGETとかネットで自慢されようものなら信用問題に関わりますからみっとも無い事は絶対やめましょう。
ゴミでも無くなると分かりますよ。
※前記事参考

無闇矢鱈に触らない。
毛の無いサボテンとかみたらつい触りたくなりますよね。
でも傷付き易いのもあるし、病気の感染の元になる可能性もあるので見るだけで。
スーパーの肉コーナーで肉をギューと押したりするおばはんとやってる事同じですから。
園主が触るのはスルーで^^;

絆創膏とティッシュかタオルを持って行く。
サボテンは刺だらけですから。

後、はしゃいで前後が見えなくなる子供は連れてかない。
以前自分の店の話ですが、大きい金鯱を置いといたら子供が突撃して来て大惨事になった事があります。
気まずい何処か下手すると裁判沙汰になりかねません。
子供の怪我も大変ですが、高額なサボテンをひっくり返したり、棚を破壊したりしたら(;´Д`A(;´Д`A(;´Д`A

値札が付いて無い物は売りものか幾らかちゃんと聞いてから納得してかう。
値札が付いて無いのは飛んでもなく高い場合が多いです。
欲しい物があっても相場に合ってるか、自分の価値に見合うか冷静に考えて下さいね。

基本、人が良くても商売ですから駆け引きは居る園もあります。
そういう掛け合いが面白いと言う物好きも多いですが^^;

自分の栽培環境などのアドバイスを貰えるかも。
自分の栽培環境をきちんと調べてアドバイスをもらいましょう。
いきなり、これ育てれますか?などと聞かれても、知らんがなっとなりますよ^^;

時間を忘れて話込んでしまう場合が多い。
沢山あるとつい時間が経つのを忘れますので御用心を^^;

他にも色々あると思います。
あるあるネタとか作れば一部に大受けするかもしれないですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。