スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サボテン四方山話

この時期はサボテンにも試練の季節です。
サボテンネタと言えば、花が咲きました報告。新しい株をGETネタ。会に行ってきた報告ネタ。
が主なネタだと思われますが、今回の記事は普段あまり表に出ない雑記的な記事になります。
と言っても色んな情報があるので今更と言うネタもあります。

今回は作り屋さんの話でも。

某オシャレ系のサボテン本にも少し紹介されてますが、サボテンに限らず、花卉生産者にも色んなカテゴリーがあります。
種屋さん、作り屋さん、接木屋さんなど細かく別れます。

種屋さんは親株を持っていて発芽させるまでが仕事。
作り屋さんは発芽したのを選抜→育成→卸や小売に渡すのが仕事。
です。

作り屋さんでも某玉園見たいに販売も行う人もいれば、販売店にしか降ろさない表に出ない人も居ます。

作り屋さんには面白いサボテンがいっぱいあります。
輸入玉じゃないとな~と言う人向けでは無いですが、輸入玉以上に正にサボテンっと言う世界です。
サボテンは日本語。



例えば、コレ。
金冠竜と言う黄色い棘のフェロカクタスに刈穂玉と言う赤い棘のフェロカクタスの交配。

金冠竜は棘が真っ直ぐ。
刈穂玉は棘がぐねぐねで赤棘。

が本来の姿ですが、作り屋さんで出来たのは黄色いぐねぐね棘のフェロカクタスです( ^ω^ )

刈穂玉の特性が強いので黄棘刈穂玉とされてます。



こういう棘がキツイ文鳥丸も作り屋さんならではの作りですね。



評価は別れますが、兜丸とランポウ玉の交配と言うのも。

後は、まだ数本しか無い月宮殿の黄色い花とかも某作り屋さんにあります。



コレは普通の赤花が咲く奴。
黄色い花はまだ表には出さないそうです。

赤い棘の金鯱も見たことあります。
赤い棘の時点で金鯱と言うのは微妙ですが。
金鯱には棘が暴れる狂棘タイプもありますよ。

富山で言うと黄色い棘の綾波を作った人も居ます。

こんな感じでサボテンを作る人が存在するんですね。

しかも、それが評価されてお金になるともうウハウハの筈ですが、悲しい事に趣味家でもあるので右から左なんですが^^;

最近、サボテンの人気も上がって来てる見たいです。
小型の物や花が綺麗な物や棘が無い物が人気見たいです。
ロホホラなんか出たら完売になる位ですね。

サボテンは外国原産の植物ですが、日本の園芸と言っても過言じゃないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど!
ふーん(・∀・)はーん(・∀・)
って程度にしか理解できてないけどなんでも表に出ない方の活躍ってのは並大抵の苦労やないんやろーな!
けど楽しさはその段階が一番あるやろなぁ~
同じ所から取った種でも顔の全く違う子ができたり・・・
仙人掌は棘でも評価されてそうやし・・・
そうそう花の色で値段がころっと変わるんやんね?

ゆっくらりさん

ある意味博打見たいな所もありますよ。
なんだかんだで好きだからやっているから楽しい見たいですが。
仙人掌棘は栽培環境である程度変わるところがあるんですよ。
北陸は棘がぐねり易い環境見たいです。
ウチも何故か棘が激しくなりますし。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。