スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シクラメン・ヘデリフォリウムの長老を

自分は多肉植物やサボテンの他に原種系シクラメンの栽培もやっています。
原種系シクラメンとは最近春先に出回るようになり年々人気が出てる植物ですね。
文字通り野生のシクラメンで今の園芸シクラメンの親となったものですが、原種と言うのは自生地に生えている物が原種だと言う説もあるので、人間の手で栽培されている野生のシクラメンは「原種系」と強調されています。

園芸用のシクラメンは冬だけの鉢花と言うイメージが強く栽培が難しいと言うイメージが付きまといます。
が、野生のシクラメンは生命力が非常に強く花は小さいながらも力強い植物です。
その野性味あふれる花姿は山野草愛好者に好まれてました。

DSCF9031.jpg

特にシクラメン・ヘデリフォリウムと言う種は強健で寿命が100年とも言われ摂氏50℃~-20℃位まで球根は耐える事が出来ると言われてます。
ヘデリフォリウムは秋咲きの種で11月に花を先に咲かせて5月中ごろ~9月位まで休眠をするサイクルで生きています。

DSCF4563.jpg

我が家のヘデリフォリウムも遅い休眠を始めたので鉢がきつそうなので植え替えをしました。
我が家の物は10年以上経ったものです。
これ位の物なら某オークションでは数万円するらしいですね。
花は100輪近く咲きます。

DSCF4566.jpg

植え替えは休眠開けの9月が良いとされてましたが、最近は休眠直後に植え変えした方が成績が良いと言われてます。

DSCF4568.jpg

ヘデリフォリウムは球根から横の部分に根を張る特性があります。
裏を見てもらえると分かりますが下の部分はほとんど根が張りません。
若い球根だともっと下の方がつるつるしています。

DSCF4565.jpg

用土は水はけ重視の山野草仕様の配合です。
本来は腐葉土やバーク等も入れると良いのですが、球根が腐るのを防ぐのと水やり頻度が自分は高いのでこんな感じの土になりました。
硬質赤玉土、硬質鹿沼土、富士砂、などが入ってます。
赤玉土にも多少のミネラルはありますが、でもこれだけだと少なすぎるのでこれを補う物が必要になります。

DSCF4564.jpg

で、今回はバッドグアノ(蝙蝠のフン)を使っています。
リン酸などが多く含まれて花物に効果がある有機肥料と言われています。
これの一番の特徴はやり過ぎても肥料当たりがしにくいと言う所ですね。
後は様子を見て肥料とか追加するか決めていきます。
必要以上の肥培はシクラメンの寿命を縮めるので緩やかに長く育てるのがコツの一つですね。

DSCF4567.jpg

手を見てもらうと分かりますがこれ位の大きさですw

DSCF4569.jpg

枯れた根を整理して植え替えました、

DSCF4570.jpg

シクラメンの球根は腐敗を防ぐと言う意味で半分程球根を出すのがセオリーですがヘデリフォリウムは完全に埋める方が良い見たいです。

これで時々灌水して乾かないよう管理して行きます。
10~11月頃になると結果が分かると思います。

花が咲くのが楽しみです。





スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

蝶々が

蝶々がたくさん飛んでいるみたいですね♪
とてもきれいです
100年も生きるなんて
すごい植物なんですね
何も知らない人だと、休眠中に枯れた〜と
捨ててしまいそうで 怖い〜っ

冬のイメージのシクラメンでしたが
最近、印象が変わりました
なにしろ、我が家のシクラメン
いまだに花を咲かせ続けているんです・笑
普通のHCでセールだった子たちです☆

No title

でっかーーーー
なんや自然薯みたいな球根なんやね・・・・
んで根っこの出る場所!変わった特性なんやね^^
若いのはハゲちゃびんの逆立ちみたいなんか?

ほんまシクラメンったら冬のイメージ・・・しかも綺麗なんは1年だけ!ってイメージが(^_^;)
買った年は綺麗やけど翌年花は咲いても買った時のように豪華にはならんからなぁ・・・
原シクの世界も奥が深そうやなぁ~

すっごい貴重なもん見せてくれてあんがとな^^

No title

へぇ~~~~~~。(o゜Д゜o)
シクラメンって、そうやって管理するんですね~。
シクラメンは枯れやすいイメージから苦手なのです。
なので、100年も生きてくれるなんて思いもしませんでした。
シクラメンは長生きさんなんですね~。(*´∇`*)  

バッドグノアは、友人が多肉に使ってますが、幕張メッセで
開催される『ガーデン&フラワーショウ』ではメネデールの会社の
人に「実がなる植物用」っと教わりました。
結局、何にでも効くのかしら?(^-^;)

OYAMAMAさん

ソロモン王が冠のデザインに採用したと言う伝説もありますね。

イギリスの文献には150年と言う株もあったそうで、日本にも30年の株も有るそうです。
休眠中に枯れた~と 捨てる人結構居ますよ。

OYAMAMAさんのシクラメンも元気何ですね。
普通シクラメンでも長生きする株あるそうですね。

ゆっくらりさん

別の所では馬糞と呼ばれて・・・・(*_*)
根の出る場所で種類とか特定出来るんですよ。
まさに波平さんですよw

原シクの世界は楽しいですよ。

さやさん

シクラメンはベンケイソウの多肉に近い管理が良いですよ。
シクラメンは本来は長生きですが園芸シクラメンは無理やり早く肥培するので弱くなるんです。

バッドグノアはガガイモに使ってますよ。
リン酸を多く含むので実や花に特に効くんです。
なので球根にも効くかなと思い原種系シクにも使って見てます。
花付き良くならないか期待してるんですが。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。