スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バシラリス!

第2回目のブログ更新となります。
このブログで最初に何を紹介しようかなと考えてましたが仙人掌を紹介しようかなと思います。

葛飾北斎は北斎以外にもいろんな名前で絵を描いてたそうで、晩年90歳くらい(其処はうやむやw)のとき
「画狂老人卍」と名乗ってと言う話を思い出しました。


で、今日紹介するのは、「バシラリス」

何故か「ヴァシラリッス!」と叫びたくなるような気がします。
ドラクエの呪文見たいですよねw

DSCF8852.jpg

何の変哲もないウチワサボテンですが、白っぽい肌の色と綺麗な花が咲くのです。

ウチワサボテンと言うブツは棘が無いように見えますが、細い鉤状の棘が生えてます。
なので植え替えはとても厄介なので、プチプチや分厚い紙を巻いて植え替え等すると良いですね。

余談ですがメキシコの拷問方法で裸にされて全身にウチワサボテンをこすりつけられて炎天下にさらされると言う拷問方があったとか無かったとか。

花が咲いたらまた紹介します。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます(´ω`)

ふゆたに。はバシラリスをとなえた。メタル○ライムに312のダメージ。
・・・みたいなのをイメージしました(´ω`)ハッハッハ

北斎の絵はずっと昔の子供の頃に、両親に連れられてどこぞに見に行った記憶があります。
寝転がって見る天井画だったような・・・
小学生低学年だったので曖昧です(苦笑)
ウチワサボテンの鉤状の棘って、水玉模様みたいなところに生えているのですか?
ちゃんと確認したことなかったので、今度見つけたらチェックしてみます。

メキシコの拷問で目が覚めました、さて朝のコーヒー飲んできます(´ω`)ノノン

ふゆたにさん

バシルーラと言う呪文ありましたよねw

北斎の絵は凄いですが生きざまも凄かったみたいですね。
水玉模様に見えるのですがよく見ると小さい棘がありますよ^^;
結構ちくちくするので要注意です。

こんばんは
ウチワサボテンのあの細かすぎる棘・・・
本当に厄介ですょね(-_-;)
ずっとヒリヒリチクチク痛い・・・
そんなもので拷問って(゚Д゚)
考えた人怖すぎるっっ

あっ
今度ウチのウチワサボテンのお子様をモギ取ってみようと思います
上手く根が生えてくれるといいのですが(*^_^*)

tugumiさん

想像しただけでもひりひりしてきますよね^^;
強棘類より厄介ですよね。

うちわ類は外栽培の方が良いみたいですよ。
温室や室内向けじゃない見たいですね。
子株増えると良いですね。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。