FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐る寸前のサボタニって妙に綺麗な時無いですか?ありますよね。

出オチです。 
暑い日が続いて流石のサボタニもバテ気味な今日この頃のネタ。 
 
先日秋のイベントの打ち合わせ…と言っても大半がベテラン勢の座談会でサボテンが不自然なくらい膨らんで綺麗になってる時はイキナリ腐りこむと言う話がありました。 
 
サボテンでなくハオルチアでも、朝不自然な位に妙に艶々で綺麗だったら夕方には消滅…と言う現象がよくありますよね…ハオルチア栽培してて毎日キチンと観察されてる方ならあるあるネタだと思います。 
 
 
 
この↑のハオも成長点付近は綺麗ですが古い葉はブヨブヨして危ない状況でした(今回は早めに対処したので持ち直してますが) 
  
対処法は無いですが、置き場を24度前後の半日陰に何が何でも即移動させて場合によってすぐ引っこ抜いて乾かす位でしょうか(それでも五分五分)  
 
話はサボテンの方に戻ります。 
原因は何だろう?と話で結論から言うと、下が既に腐っててその水分が上に上がるんだろう…更に言うと症状が目に見える前から下がおかしくなってるから何をしても無駄…と言う結論になりました…下から上に水を上げるのは植物の特性ですから腐った水を上げてたら当然腐るよね…と言うまぁ少し考えれば誰でも解る話でした。。。 
 
サボタニや蘭などは数ヶ月前のダメージが後からやって来たり、入手した時点で既に生体としては終わってる場合も沢山ありますが…成長時季の管理を雑に行えば当然今の時季に採点がやって来ると言う訳です。 
 
注釈 
 
この話はサボテン栽培歴数十年レベルの超ベテラン勢の話です…例えば不適切な水遣りが原因の成長点が腐りバラけたとかと言う話とは次元が違います…枯れたり腐ったりする原因の話では無くタイトル通りのサボタニ栽培アルアルネタの一つですのでこう言うけどあるのかぁと言う程度に留めて決して都合のいい脳内変換などしないようご注意下さい(自分含めて)
スポンサーサイト
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。