FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベラボンを使って1年(以上)経過

2017年の2月にベラボンを使ってハオルチアを植え替えと言う記事を書きました。  
 
あらかじめ断っておきますが特定の材料を使うのが良いとか悪いとか言う事は一切言及してません。 
1シーズン使って見たと言う結果のみをレポートしてます。 
 

 
この時の植え付け時の画像が↑。 
それから一年以上経過して植え替えの季節が来たので植え替えがてらに結果を… 
 

 
前の画像左上のマリリンを抜いた結果。 
 
 
 
白い根がベラボンに絡み付いてまあまあ良い感じでしょうか…(白い粉は肥料と薬剤) 
 
赤玉土は微塵を抜かないと固まって根が貼りにくくなる場合がありますがベラボンは柔らかいので根は張り易いと感じました…が根そのものは細くしっかりしてない印象もあります。 何となくグラグラしてたので水が乾いたらそうなるのかもしれないですが不安定な感じにはなるかな…と。
一旦乾くと水を吸いにくくなるので水を切る冬などはカラカラになるので春の植え替えは必要と思います。。。真夏は逆にそれが良くて通気性が良く根が張り易いのかもしれません。 
 

 

 
植え替えはベラボン入りの前の用土に赤玉土、鹿沼土やその他色々を混ぜて植え替えました。 
結果的に言うとベラボンは多少あっても生育には害は無いから良いけど必須?と言われたらどっちでも構わないと言うのが忌憚なき感想です。  
追記 
当たり前の事ですが、おなじ属の植物でも分布によって水に反応し易い品種し難い品種があるのでベラボンは常に湿らせる使いかたをする材料なので万能では無いですよね…いや本当に言うまでの事では有りませんね。  
なんでハオルチア全般に使うのは乱暴な話だと思います…丈夫な植物なんで栽培の常識範囲内で育ててれば簡単に枯死はしませんが。
 
スポンサーサイト
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。