スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハオをベラボンで植えてみました。

気付いたら半年位当blogを放置してました…放置理由は其れなりに有るのですが、この記事にはどうでも良い事なので…と言う訳で今回の記事はハオルチアをベラボンで植えてみたと言う話しです。 
  
ベラボンとは?…説明は面倒ですし、氾濫するコピぺ擬きの何処のどれとは言いませんが、実践もしたことないライターが受け売りで書いたような園芸系のマトメサイトやお洒落な記事などからでも検索すれば情報だけはわんさか出て来ますので興味があれば調べて下さい…当記事では画像でこんな物かと思って頂けると助かります。
   
…あ、あつい本音…じゃなかった毒舌になってしまいましたすいません。。。  
 
ライターも立派なおしごとだと思いますが、園芸に関しては実践して見てから発信、嘘や出鱈目は発信して欲しくないと思ったので以下略。 

 
清潔に使える保水性もある優れた園芸資材と言う訳です。 
 園芸屋やホムセンの片隅で袋が変色するくらい黄昏れてますが、腐りにくいし軽いので扱いやすい資材でもあります。 
 
そんなベラボンでハオルチアを植えてみました。 
 

 
サラサラで清潔感があり、ヤシの油分かシットリしてます。 
説明書きの通り水で少しふやかします。 
 

 
ふやかしてる合間にハオを抜き取ります。 
…土に慣れた根がイキナリヤシガラ資材に突っ込まれる訳ですので少し慣らす意味でベラボンと普段使ってる用土を半分づつ混ぜた物で植えました。 
通常土で植える場合は乾いた状態で植え付けする物ですが、説明書き通り湿った資材で植えつけするので植え付け前に根に配合した資材を詰めてから植えた方が良さげです(風蘭などの植え付けをイメージされたら良いか) 
 


 
こんな感じでグラグラしない様根をキズつけない様にかつしっかり資材を詰めて植えて見ました。 
 
結果はまだ分かりませんし、リスクもある程度有ると思いますが、良い点ももっと沢山あると思いますので気が向いたら報告したいと思います。  
※ヤシガラ資材にはリトリコデルマ菌核が発生して株の生育を阻害すると言う報告もありますが、トリコデルマ菌核は白絹病の菌核を抑制する有用性もあったりします。。。要はバランスが大事なんだと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。