スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多肉植物における農薬使用について(農薬を使うタイミングとか農薬をなるべく使わない対策とか)

自分が何故農薬の話をするかと言うと、園芸屋と言う仕事柄、農薬指導士という認定を受けてまして、正しい農薬の使用方法を販売する人に伝えると言う義務が一応あるそうなので、自分に対する備忘録の作成も兼ねてblogにアップしようと思ってます。                                             
農薬散布と言う選択はあくまで最終手段です。どう言う事かと言うと、農薬は基本何かを殺害したり、住環境に影響を与えたり使用はリスクが多少伴います。 
近年は農薬に対する被害を考慮して国が厳しい規制を課してますが、それでもノーリスクとは言えません…故に如何にして使わない様にするかが重要になります。 
多肉植物にも被害を及ぼす害虫は幾つか確認されてますが、その虫がどうやって来てどうやって鉢に闖入するかを先ず調査して、予防対策を講じて、農薬を使用するかしないか精査するのが園芸であると思います。 
 
主な害虫としては、数種類のカイガラムシ及びハダニ、シャクトリム、ヨトウムシ、ナメクジ、極稀にアメリカシロヒトリ…などが居ます。 
 
これらの害虫は外部から闖入する場合が殆どですので、先ずは彼らの好む生息域が近くに無いか例えば庭の草むらや樹木などにも住んでますから庭の草を刈ったり、樹木を整えるだけでも害虫は減らすことが可能です…逆を言えば、どれだけ優れた農薬を散布しても草ぼうぼうな場所や鬱蒼とした樹木が近くにあったりするとまた其処からやって来てイタチごっこになったりします。 
 
他にも、防虫ネットを張って虫の闖入を防いだりするのも対策の一つと言えます。 
※日当たりの関係もあるので考慮は必要ですが、夜間だけネット張るのも良いかもしれません。 
他にも鉢から離れた場所にライトを設置して夜間ライトに虫を集めて鉢をガードする手もあります。 
 
また、夜間に活動する虫も(ヨトウ虫、ナメクジ)も居ますから夜間割り箸やピンセットを持って見回り(通称タニパト)などもマメにすると良いです。 
例、防虫ネットで覆ったガステリア類。 
花茎にアブラムシやカメムシが来るのでそれらの虫類の闖入を防ぐのに一役買ってます。
 
また、カイガラムシやハダニなどは乾燥、高温、紫外線が必要な生き物なので夏の暑い時期は紫外線を減らす方法もあります。 
↑夏に思い切って遮光してる我が家のサボテンフレーム。 
 
遮光は日焼けによる植物の弱りこみなども防ぐ事が出来ます。 
が、紫外線をカットすると生息に支障もきたす可能性があるので栽培上のリスクもあります。 
が、それでも近年の暑さなどで虫が大量に発生してますのでそれらの対策も間に合わない事も多いです…また、生活サイクルの関係で細やかなケアも出来ないのが現実。害虫に食害されたマリン↑あらかじめ予防してたので被害は最小限で済みましたが… 
こうなると農薬を使用すると言う選択が現れます。 
なので如何に農薬を使うかと言う基本を次回考えて見ようと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。