スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京のフェスに行きました…その弐

ハオルシアの品評会に折角なんで一つ出して見ようと目論み運び易くて名人が見向きもしないようなニッチな部門を狙いエントリー^^

結果、硬ハオ部門で入賞\(^o^)/
素直に嬉しいです\(^o^)/

どんな物を出したかと言うと、コエル×天主の星座と言うコエル系交配種。
普段あまり名を付けない作出された方がアクエリアスと命名したナチュラル(園内)ハイブリッド種を出品。

追記
本来なら協会の品種総覧に掲載されてない品種であり、コエル交配とのみ表記するのがハオルシア協会主催の品評会では正しいと思います。
が、命名者に対して敬意を払うと言う意味もありアクエリアスの名前で出品しました。
其処まで真面目に考えなくてもって思いもありますが。。。



はい、これがアクエリアスです!
…嘘ですポ◯リです\(^o^)/



こんな感じのブツです^^;
自分の事ばかりで恐縮です、他にも玉扇、万象、斑入り、ピクタなどの多数の部門と多数の名品が出てましたよ。


で、栄えある金賞に輝いたのは。



オブツーサ・水晶でした。
…ピンぼけすいません…いつかハオルシア協会のブログに綺麗な写真がでますからそれに期待して下さい…。

この手の植物は人気の移り変わりが激しい物で、【名品も三年経ったらただの草】なんて言う川柳もありますが、良いものは不変です。
前評判なども色々言われてたイベントですが、僕はアットホームな感じがして、地方のサボ会のイベント見たいな空気がとても好感もてましたが。。。。

なんて園芸屋らしい言葉を書いて締め括りたいと思います。

東京でお付き合いして頂いた趣味家の方々、下らない記事を読んで下さって舌打ちして下さった方に感謝です。


追記。
アクエリアスについて何処にあるの?と聞かれたので…ハイブリッド種は神の気紛れで出来たギフトであり作出された方の技術と努力の結晶です。

故に本数が少なく、増えないと言うニッチな植物で、貴重な株ですが、個体差はありますが数本存在してるようです。
もし見かけたらラッキーかもしれないですね。






スポンサーサイト
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。