スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀だけど確実に居る人

ただの雑談的な記事。
植物の話しではありませんので植物の話しを期待して開いた方には申し訳ないです。





本題に入る前に早朝の朝顔の写真を。
色の補正は一切してません。
時間が経過したら青色は抜けて行きます。
不思議な色ですね。

植物の話しはこれで終わり。。。

先日、ある方の奥さんがお亡くなりになり、本家筋である家に連絡が来ました。慌てて家人がお悔やみとお参りに行くと帰りが遅い…翌朝聞いて見ると、葬儀会社と家にしか連絡して無くお寺などの手配も親戚に連絡も一切無く諸々の手配を代わりにやってたとの事。
長く患ってたのになんの覚悟も用意もして無く困った人だと愚痴ってました。
葬儀会社にしてもどんな葬儀にするか解らず困ってた様です。。。
子供さんもちゃんと居られますし、意気消沈してるからとか言う問題でも無いと思いますが…何も考えて無かったんですね。。。


さて、愚痴は置いといて、皆さんは死んだ後の世界は在ると思いますか?
と言う質問を唐突に投げ掛けられたらどうお答えするでしょう?

1 在ると思います。
2 あの世など無い。
3 分からない。

が大抵の答えだと思います。
正解は?
考えた末の答えだから1~3は全て正解。
です…が稀に

4 考えた事が無い。

と言う答えを言う人が居るようです。
生まれついて思考が出来ない方や動物や植物もそうじゃんと言う屁理屈はこの記事では無しにして下さいね。

死んだ後の事を考えた事が無いと言う稀人は、まぁ生きてる意味も考えた事が無く人を省みない、自分の欲や執着を第一に考えてる人と言う見方もあるかもしれません。そんな人が死んだらどうなるんでしょうか?

と言う話しを思い出しました。

元ネタでは、生前人を省みない人は人の念が染み付いて体を焼かれても念は燃え残り魂にベッタリ着くと書かれてましたが。。。果たして。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。