スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改訂版 サボタニ園巡礼

先日の三重の若手生産者さん訪問の話です。
同行してくれた方が写真撮ってたので画像付きです…園主さんには許可を頂いています。
園主さんは若い方ですが、こだわりと情熱を持って居られる素晴らしい作り屋さんです。
※生産者→作り屋さんとも言います。





多肉植物はアロエ、アガベなどを主戦にされてるようです。
アロエは中小型で赤い棘でゴツゴツした葉っぱが人気らしいです。



自分も面白そうな交配アロエを幾つか入手しました。



サボテンは女子にも人気の白い小型のマミラリアやエスコバリア、など作られてます。
作り屋さんのハウスは何処でも共通しますが、地域性や好みが出てるので面白いです。
サボテン栽培の目安にもなるので参考にもなりますよ。

次は通販やイベントなどでもお馴染みの方も多いと思いますが、ルチアさんに。
ルチアさんは写真無しです^^;
ハウス周辺は山なのかイノシシや鹿よけの空砲が鳴り響くような場所でした。

ハウスにはハオルチアを中心にアドロミスクスやガガイモ、球根類など他の園にあまりないニッチなラインナップです。



今の季節は完全に断水されててメセンや球根類は完全休眠状態でした。
夜の気温を気にされているそうで、夜がグッと涼しくなり始めたら水遣りするそうです。
ハオルチアもお疲れ気味でしたが、二グラの顔違いを3点入手。



他にはアナカンやらユーフォルビアやらガガイモやドルステニアを入手しました。

園芸屋らしく一言。
先の記事にも書きましたが、多肉植物ブームが来てると言われてますが、実際は生産者も少なくなって行き、日本のサボテン需要は減って行ってます。その中で勝負して行く一つの武器がニッチなんだなと感じます。
ただ作るだけでは無く人の心を掴んで行く物を作らないと行けない難しいけど、それがまた一つの醍醐味にもなると思います。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。