スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多肉残虐物語

ふと本屋で南條範夫氏の作品を見て思い付いたタイトル。
残酷無残な描写がたまらない小説。

月岡芳年の英名二十八衆句なんかもキチ○○じみてて。。。正統派の月姿シリーズの方がすきですが。

話しがそれました( ;´Д`)



展示会に出したエケベリアが暗い場所での展示だったので伸びました。。。

なので斬首しました( ;´Д`)
斬首されるは、茎立ちするエケベリアの宿命でもあります。。。

斬首の心得 壱。
斬首は速やか、かつ綺麗に行うべし。





帰ってハウスに戻す間も無くズバっと首を落とします。
今回は下葉を残して綺麗な形になるように落とします。
もう一つ下葉を残す事により茎から小吹きし易いようにする…殖やす目的も。
故に落とす場所は予め吟味しとかないと行けません。

落とす時は太い釣り糸か水平糸を葉の下に潜らせて一気にギリギリ…ピン!と首を落とします。
いつの間にか南條範夫氏から必殺シリーズの池波正太郎氏の世界に( ;´Д`)
切り口は綺麗に茎を潰さず落とすのが首切り役の心得でございやす。

斬首の心得 弍
首は丁寧に扱うべし!



落とした首は根だしさせる故に、湿度、温度がある程度一定で切り口から腐朽菌などが入らない様にしなければいけません。
切り口をよく乾かし、場合によっては消石灰や木灰を塗布したりしてから清潔な材料で養生させなければいけません。

写真は熱湯消毒したゼオライトをトロ箱に入れ其処に鎮座頂きました。
トロ箱は一定の温度が保てる素晴らしき箱です。
湿らせたバーミキュライトでも構いません。
根が充分出たら植えて通常管理に移行の予定。

斬首の心得 参
胴から新たな芽が出ても焦るべからず。





時季によりますが、斬首した胴体の部分より一月程すると新たな芽が出て来ます。
芽が出たら嬉しくなりつい、斬首ジャーとなりがちですが、胴体にしたら緊急事態で慌てて芽を出した状態なので芽がある程度育つまで肥培して育てます。

こうやって仕立て直しと増殖をしてゆくのです。

管理を怠り、首も胴体も枯らしたらそれこそ残酷無残物語になります。
しっかり管理して行きたいです。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもこういう説明を聞くたびに次はテグスを使おう!
と思うのに、その時になると忘れてカッターで切っちゃう
んですよね・・・。(ライターで焼いて使ってますよ。)
今度、カッターにテグスって書いておこう。(笑)

さやさん

確かにテグスはツイツイ忘れてしまいますよね^^;
自分はハウスに常備してますよ。。。それでも熱湯殺菌したナイフとか使ったり^^;
テグスは使い捨て出来るのでべんりですね。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。