スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松の盆栽を植え替え祭り

松の盆栽を植え替えしました。




鉢植えだと根が鉢いっぱいに回るいわゆる根詰まりになります。
根詰まりになると水をやっても根が邪魔をして水を吸えなくなります。
植物の根は何かにぶつかると枝分かれする特性がありますから根が無駄に増える訳です。



3年植え替えサボってましたから根がカンカンに詰まってます^^;



根をよく切れるハサミで剪定…と行きたいですが、土を切るとハサミが駄目になるので、ヘラを鋭くして、熱湯で十二分に殺菌して使ってます。



根詰まりになってたせいで毎日二回水を遣ってたのにカラカラDeath。
これだと水は吸えませんね。。。



根をどれだけ剪定するかは、木の勢いを見て判断しないと行けません。
写真の松柏見たいに完成された木はあまりにも酷く根を削ると勢いがなくなる…下手したら枯死しますから程々に土を削ります太い根の剪定は来年に持ち越します。。。



削った根。
良い松柏の根は真っ白にカビが生えたみたくなります。
これは少しだけ白いので調子が悪いと一目でわかります^^;

根の白いカビは根粒菌の一種でマメやランなどにも共生してる菌です。
マツタケなどキノコは根生菌ですね。

これらの菌は土中の窒素を固定して植物の根に吸収しやすい状態にしてくれます。
マメや松柏やランに過度な肥料が必要ないのは彼らのおかげです。

この根を水に漬けて濾過してやればEM菌も裸足で逃げ出す優れた活力剤が出来る。。。。。。筈。

話は逸れましたが、根粒菌の量で松柏の調子が分かりますよ。
カビと勘違いしてる人も居ますが^^;

根を削った後は植え付けですがこの記事は根を削る過程までとします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。