スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース系ハオルチア

珍しくハオルチアの記事です^^;
と言っても多肉植物栽培歴はハオルチアが一番始めだったりします。

レツーサ系はハウス中の場所を確保したい故に減らしてますが、レース系と呼ばれるノギが多くて葉がペラペラでサボテンの栽培家には草と呼ばれるハオルチアは別腹だったりします。

自分語りはその辺に今回紹介する草は




デシピエンス。
ノギがキツく葉がペラペラなレース系ハオルチア。
こいつは色んなタイプがあって分類がむつかしい。
肉厚な物などは別種にも見える。
札が消えると分からなくなる。

栽培はボルシーに比べたら少しむつかしいけど、草は草。。。と言ったら失礼か。
水遣りも忘れた頃に出来るのも良い。

自分のは厳し過ぎるかもしれないけど、写真位にノギがカリカリになるとワイルドで中の緑の美しさが引き立つ…かも。
高級ハオルチアで有名なハウスから純系として出た草です。



コレはケマリ。学名もケマリだけど、デシピエンスの亜種、もしくは選抜種と言われてる。色合いは違うのでシノニムとは違う…と思います。

何と無くデシピエンスより日本の気候に合うのか、デシピエンスよりエレガントな草姿になります。
これも、クラブからの出物。

ケマリは蹴鞠だと思うが現地の人が毛鞠と勘違いしてケマリにしたとしたら面白い。。。憶測ですよ^^;



だって蹴鞠の鞠ってツルツルですしw

脱線…(>人<;)

そんなデシピエンスとケマリを掛け合わせたら



個体差はありますが、中々色合いが綺麗な草姿になります。
これも忘れた頃に水遣りをしてますが、やや日影気味なのかノギがチリチリになってませんが^^;

甘々栽培で優雅な草姿を楽しむか、厳しい栽培でワイルドな草姿にするか…どちらも捨てがたい魅力がありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。(#^-^#)


ギュッとしている姿は良いですね♪

蹴鞠ってカラフルな糸でグルグル巻きにしてあると思っていましたが
ツルツルなんですか~。
毛鞠だと鞠の中身は髪の毛なのかなぁ?とかいらない想像をして
しまいまいした。(笑)

最近、お水やりをうっかり辛口にしたらハオの葉がペタンコというか
ヘニョヘニョになってしまいました。(T-T)
そしてギュッとはならなかった・・・。

さやさん

ご無沙汰してます^^

ハオルチアはコレクション減らしてるんですが、レース系は好きでついつい集めてしまいます^^;

水加減は難しいかもしれませんね。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。