スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝顔の種が沢山あったらやって見よう

変化朝顔が色々咲いて来ました。
出物もついに咲いて来ましたよ( ^ω^ )






青笹葉青藤車絞切咲牡丹でしょうか。
切咲きは采咲きと車咲きの中間って感じでしょうか。
個人的な主観も入るかな~と思いますが。

貴方の心にある花が本当の貴方に取っての花なんです。

と逃げ口上を述べときますか。


出物自慢はこれまでにして、変化朝顔の維持方法と言うのは種を大量に蒔かないと行けないので中々大変な物です。



中々大変です…大変だ(;´Д`A

で、種を取る株はカーテンなどにすると良いですが、カーテンにするにしても限度があります。

行燈にしても場所が。。。と言う時は名古屋朝顔風の仕立て物にしてはどうでしょう?



名古屋朝顔とは大輪系の朝顔をツルをカットして盆栽みたいにして鑑賞する伝統園芸の一つです。
本来なら名古屋朝顔のための品種があって中々入手は出来ませんが。。。

それに習って葉っぱが7枚になったら短いツルを整理してカットと辛い水遣りを繰り返すと節が詰まった仕立てになります。



まだまだ節を詰めて仕立てる事も可能ですが、其処は少し手抜きをしても良いと思います^^;

千利休は秀吉に自宅の朝顔を見たいと言われ、朝顔をすべて摘み取り、一輪の朝顔だけを薄暗い茶室に飾りポッと浮かぶ花を魅せて秀吉を唸らせたと言う逸話がありますが、矢張り一輪はさみしいかも。



なので、支柱をこの字を横にした支柱を立ててツルを一本巻きました。

帽子仕立てと言う江戸時代からある仕立て方を参考にしました。

歌川国芳の五行之内朝顔の土性
と言う浮世絵に歯磨きしながら帽子仕立ての変化朝顔を持つ美人画があるんです。

※浮世絵で見る江戸の花を参考にしました。

鉢はプラ鉢ですが、室内に飾るにはそれでも良いと思います^^;
こういうのを並べて風鈴の下で団扇を仰ぎながら眺めるのも一興かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

久しぶりに遊びに来たら、2回も朝顔載ってたー!!

同じ種でバラエティー豊かな色が出るんですね~。(o゜Д゜o)
渋いけどやさしい色とか良いですね。

いろんな仕立て方があるんですね~。
適当に蒔きつけちゃう私には耳が痛いです。 (^o^;)

さやさん

一種類の種から色々な花が出て楽しいですよ。
これからそれを残す作業が待ってます^^;
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。