スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この季節は防除の【防】を

ここ最近暖かい日が続いてます。 
北陸はまだ雪が降る可能性ありますので油断は出来ませんが、そろそろ油断した浮かれた虫が発生してきます。 
生命の営みが云々と言う目で見れば微笑ましくも感じますが、日本に自生して無い珍奇な植物を育ててる身になると虫は招かざる客でもあります。  
 
この時季は園芸実践家(まにあ)にとっては害虫との闘いのゴングがなる時季であります。   
 
害虫は小さい内の先制攻撃が有効です。 
 
と言う訳で今回は防除の防を重視した戯事です。  


多肉植物などに襲来が予測されるこの時季の病害虫と言えば、カイガラムシ(ワタムシ、ネジラミなども全てカイガラムシの仲間です!)  アブラムシなどの吸汁性の虫です。  
吸汁とは根や幹や花茎、茎に取り付いて齧って汁をちゅうちゅう吸う事です…齧られた部位から菌やバイラスが入ったりしますし、枯れたりしますし、見た目にもよくありません。 
上の画像を見て頂くとカイガラムシの被害を受けた株と健康な株があると思いますが、被害を受けた株(画面上)は成長点が著しく弱ります。 
 
こうなる前に予防する作業が大事になります。  
 

害虫の予防としては前の記事で物理的な防除を先ずやりましょうと書きました。  
 
物理的防除とは 
周辺の環境を、整えて害虫の住まいを少なくする。 
植え替えを行う。 
害虫が居たら、手で除去してオキシドールの10倍液などで洗浄をしてから植え替える。 
※洗浄のやり方は色々あります。 
オキシドールは、農薬では有りませんので物理的防除としてます。 
 
 
などありますが、それでも不安、植え替えはしたばかりだからなるべく鉢は触りたく無いなどの事情があれば、最終手段として農薬の登場となります。 

 
他にも色々ありますが、上の画像でこの時季有効が期待される市販で手に入る薬剤をいくつか並べて見ました。 他にもベニカも口コミでありますが、成分はカイガラムシエアゾールと同じなので除外しました。 
オルトランや殺虫剤入り液肥などは即効で効く物では無く、成分が株に浸透して初めて効果があります…つまり健康な株を作るのが大前提となります。   
 
カイガラムシエアゾールやベニカスプレーは洗浄や予防薬でどうにもならない時につかいます。 
 
偶に、これらの薬剤を散布しても全然駄目だったと言う話を聞きますが、それは根が無かったり環境が合わずに株が育たないなどが要因では無いかと思ってます。   
 
薬剤は、匂いが、キツイ(これは散布した事を知らせる成分由来で農薬の原材料は基本無味無臭です…怖いですね~~) 人体や他の生き物に対して心配。  
 
などのマイナス要因もありますが、園芸作業を飛躍的に楽にする事も出来ます…が、それも使い方次第です。。。薬剤を最小限かつ効率的に使うのなら今の季節の防除の【防】が大事になります。
  

余談ですが、農薬を使用する場合はラベルを読んで成分を確かめて別の成分になるように気をつけてください。  
同じ成分の薬剤を使い続けると虫に耐性がつき農薬が無効化する事例が沢山あります。 
 
 
興味がある農薬の成分は検索して見てください。
 
スポンサーサイト
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。