スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダガスカルのシャンプーの木

梅雨が明けました。
暑いです…植物もだれてますし、サボ園に遊びに行く気にもなりません^^;

書くネタもあまりないですが、マダガスカルのシャンプーの木と別名があるウンカリナの事でも。


ウンカリナはマダガスカルに自生するゴマ科の植物で、分厚いベルベットな葉っぱとぽってりしたボトル見たいな草姿に多肉植物マニアにもファンが多い植物。

ネットなどで検索すると何故かどのサイトにも…

シャンプーの木というのは別名で、正式な名前は「ウンカリーナ」といいます。この木の葉を水につけて揉むと粘液が出てきます。それを現地の人はシャンプーやハンドソープとして利用しているそうです。

とテンプレの様に書かれてます…でも、サイト主は何故か試した事が無いんですよね…何故か。

それはさて置き、夏型の植物ですが、ジメジメした暑さはやや苦手な印象で、この時期になると画像のように葉を落としたりしています^^;

せっかく葉っぱが手に入ったので。


水に浸して揉んで手を洗うのに使用して見ました。。。粘液が出て来ましたね。


葉っぱはゴマ科だけにゴマの様な香ばしい系の匂いがしますが、揉んで行くウチに匂いは消えて行きました。


手がヌルヌルになって来ました…葉っぱは繊維がしっかりしてるのかネバネバと葉っぱの繊維が分離して行く感じですね。


手の汚れは意外によく落ちました…手も何となくツルツルになりましたが。。。 【石鹸の方がさっぱりします】 と言う感想でした^^; 更に検索すると、薄毛にも効果があると期待され、実際日常に使ってる部落の人には薄毛の人が少ないと言う話もあるとかないとか。。。 葉の裏に細かい毛が生えてるので刺激になるとかはあり得るかも知れませんが…誰が研究してるんでしょうね^^; 多肉植物を扱う店や観葉植物に強い植物屋さんに時々見かけたりします。 興味が有れば育てて見るのも一興かも。
スポンサーサイト

越後の聖地巡礼

先日、隣県の新潟の趣味家さんのハウスに押しか…伺いました。日本海交流会やTwitterなどで普段から交流のある方のハウスです。

Twitterで交流がある方は解ると思います…そうあの聖地、通称Tama園に行って来ました\(^o^)/


ハウス入口に立派なマウナ・ロア?が鎮座してました…^^;

ハウスは砂地の上に建てられており、サボタニ栽培に適した仕様になってました。。。地植えしたら調子良い植物を育てれそうです。


中に入ると、立派なハオルチアがまたまた鎮座してます。


Eの付くアソコやExのあんな所からも積極的に導入されてます^^;

北陸には輸入される栽培家さんは少ない(サボテンの場合珍品じゃない限り国内株の方がたくさんありますし)ので心強いですね(^ω^)


寄せ植えもされて、若手の引き入れにも積極的?なんでしょうか…最近流行りの多肉ちゃんと称して植生無視のフラワーアレンジモドキを作る輩と違い、綺麗な多肉植物の寄せ植えを作って布教されてるんですね(^ω^)

…と勝手に思って見てましたが^^;

業者さんのハウスと違い(規模は業者ですが^^;)趣味家同士だと実践的な栽培方法や薬剤、環境など生きた情報が交換出来るのが有難いし、楽しいです。

と思ってるのは自分だけかもしれないですが^^;


ベンケイソウゾーン…綺麗に作り込まれて見習いたい。

植物を愛でながら話しをしてると、あっと言う間に時間が過ぎました…お騒がせしてすいませんでした^^;またお騒がせに行きます。


聖地から持ち帰ったお宝…マリンです。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。