スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原種シクラメン期が来たぞー。

お盆以降残暑の気配も無くもう夜は虫の音が聞こえる季節になって来ました。
原種系シクラメンも目覚め始めて少しバタバタする時期になります。



気の早いヘデリフォリウムなどは既に花を咲き終わりクルクルが始まってます^^;
クルクルを摘めばまた花が咲くと思いますが。。。





秋咲き品種は花芽が付いてますね。
原種系シクラメンは春咲き品種と秋咲き品種と常緑品種がありますが、面白い事に春咲き、秋咲きは休眠時期は違いますが、目覚める時期はほぼ同じだったりします。。。。。。



目覚めたら軽く潅水してやると刺激になって良いです。
本格的に遣ると腐る場合もありますが、水を遣らずに枯らすリスクと枯らすかも知れないが後々の事を考えてやるリスクとありますが。。。
また、皮が薄いコウムやシプリウムなどはたまにシワシワになってる場合もありますが、そういうタマタマは軽く湿らせて様子見ると膨らんで来たりします。
何事も慌てては行けないですね。。。

用土は自生地を見ると石灰岩に生えている光景を見かけますが、あんまり気にしない方が良いです。
ペーハー値は弱酸性か中性で良くワザワザアルカリ性にする必要性は無いです。

配合はこちらでは言及しませんが、気を付けなきゃ行けない点は、ペーハー値を、調整してない材料をなるべく使わない事です。
例えばやっすい鹿沼土だと酸性が強すぎるとかあります。
鉱物系のマテリアルを混ぜる場合も産地によって特性が変わります。
例 カガライト→保水力がかなり高い。
ゼオライト→水捌けがかなりよい。
などありますのでご注意を。

植え替え時期は自分は休眠直後にやりますが、今シーズンは休眠明けにやることに。。。芽が動いてますが、なんとかなるかなと思います。
後は夏のバクテリアや菌類の発生を防ぐ意味で有機物を極力無しにしてましたが、今シーズンは水持ちを考えて有機物をソコソコ投入しました。。。結果はどうでしょう。

今シーズンは脱落も少しありましたが先ず先ずの生き残りだと思います。
なにはともあれ花が楽しみな季節になって来ました。



続きを読む

スポンサーサイト

稀だけど確実に居る人

ただの雑談的な記事。
植物の話しではありませんので植物の話しを期待して開いた方には申し訳ないです。





本題に入る前に早朝の朝顔の写真を。
色の補正は一切してません。
時間が経過したら青色は抜けて行きます。
不思議な色ですね。

植物の話しはこれで終わり。。。

先日、ある方の奥さんがお亡くなりになり、本家筋である家に連絡が来ました。慌てて家人がお悔やみとお参りに行くと帰りが遅い…翌朝聞いて見ると、葬儀会社と家にしか連絡して無くお寺などの手配も親戚に連絡も一切無く諸々の手配を代わりにやってたとの事。
長く患ってたのになんの覚悟も用意もして無く困った人だと愚痴ってました。
葬儀会社にしてもどんな葬儀にするか解らず困ってた様です。。。
子供さんもちゃんと居られますし、意気消沈してるからとか言う問題でも無いと思いますが…何も考えて無かったんですね。。。


さて、愚痴は置いといて、皆さんは死んだ後の世界は在ると思いますか?
と言う質問を唐突に投げ掛けられたらどうお答えするでしょう?

1 在ると思います。
2 あの世など無い。
3 分からない。

が大抵の答えだと思います。
正解は?
考えた末の答えだから1~3は全て正解。
です…が稀に

4 考えた事が無い。

と言う答えを言う人が居るようです。
生まれついて思考が出来ない方や動物や植物もそうじゃんと言う屁理屈はこの記事では無しにして下さいね。

死んだ後の事を考えた事が無いと言う稀人は、まぁ生きてる意味も考えた事が無く人を省みない、自分の欲や執着を第一に考えてる人と言う見方もあるかもしれません。そんな人が死んだらどうなるんでしょうか?

と言う話しを思い出しました。

元ネタでは、生前人を省みない人は人の念が染み付いて体を焼かれても念は燃え残り魂にベッタリ着くと書かれてましたが。。。果たして。



サボテンすら。。。

時々植物愛好者に話題になる話。

http://www.lifehacker.jp/2014/08/140825cactus.html

実際に園芸を仕事にしててサボテンを趣味で収集、栽培してると言うと、

「私ってサボテンすら枯らす女なんですよーっ」
「サボテンすら枯らすからガーデニングなんて自分には無理無理」

って言う自虐ネタを言う方が時々居ます。

A「はは…そうなんですか…。」
B「サボテンは意外に難しいですよ。」
C「ああ…わかるわかるギャハッハハ」

等と言う答えが返って来る事が多数だと思います。
それが大人な対処ですしあくまで雑談と割り切る物です。
自分も興味が無いだなと察しBの様な回答をすると思います。
…が時々…えぇ凄く凄く時々ですが、

D「はぁ⁈サボテンすら⁈いいか!サボテンはだなぁ環境を整えてだなぁ…以下超略」

等と言う人が居ます。
俗にサボテン愛好者とかマニアとかまにやとか玄人(まにあ)などと呼ばれる人々です。
自虐ネタ、もしくはガーデニングに興味が無いとユーモアを入れて遠回しに言ったつもりが、とんだ地雷を踏んだ気分になる事でしょう。
Dさんにしたら全否定された気分になるんですが。。。
※Dさんはあくまで極例でフィクション。

サボテンは花が美しいです。



サボテンは可愛いです。



サボテンは面白いです。



興味が無くても少なくともこういう生物なんだなと認識して頂くとサボテンすらなんて言えなくなるんじゃ無いかなと思います。

サボテンを育ててると言う人に出会ったら

「サボテンは面白い形なのに花が綺麗ですよね」

「サボテンは1鉢あるけど花が咲かない
んですよ」

等と言われたら少しは話に花が咲くと思います。
例え、(貴方に興味が無いんですけど)と言う意味だとしても。。。

雨の後のエケベリア

失敗談です。



エトナの葉っぱが汚くなりました。



直接の原因は雨による泥跳ねですが、ちゃんと対処すれは防ぐ事も可能なので半分は栽培者の責任と認識の甘さでもあります。

激しい雨が降れば、泥跳ねが発生します。
泥跳ねは葉っぱの表面を傷つけて、更に土壌に存在するバクテリアや菌を運んで来ます。
ありていに申すと、病原菌にまみれた石礫をぶつけられる様な物。

鉢を土から30cm以上高い場所に置く。
ブロックと板があれば簡単に出来ます。
雨上がりは鉢や葉を綺麗に優しいシャワーなどで泥を落とし乾かしてから殺菌剤を散布する。

…以上の作業をサボらずやればかなり病気は防ぐ事が出来ます。

他の園芸植物にも共通する事ですが、繊細な多肉植物は特に気を付けないと行けませんね。
夏は特に見た目より葉が疲弊してますが尚更です。

今回は殺菌剤を撒いたけど、鉢が低くく雨跳ねが酷い場所に置いたままにしたのが原因。
気を付けないと行けませんね。

改訂版 サボタニ園巡礼

先日の三重の若手生産者さん訪問の話です。
同行してくれた方が写真撮ってたので画像付きです…園主さんには許可を頂いています。
園主さんは若い方ですが、こだわりと情熱を持って居られる素晴らしい作り屋さんです。
※生産者→作り屋さんとも言います。





多肉植物はアロエ、アガベなどを主戦にされてるようです。
アロエは中小型で赤い棘でゴツゴツした葉っぱが人気らしいです。



自分も面白そうな交配アロエを幾つか入手しました。



サボテンは女子にも人気の白い小型のマミラリアやエスコバリア、など作られてます。
作り屋さんのハウスは何処でも共通しますが、地域性や好みが出てるので面白いです。
サボテン栽培の目安にもなるので参考にもなりますよ。

次は通販やイベントなどでもお馴染みの方も多いと思いますが、ルチアさんに。
ルチアさんは写真無しです^^;
ハウス周辺は山なのかイノシシや鹿よけの空砲が鳴り響くような場所でした。

ハウスにはハオルチアを中心にアドロミスクスやガガイモ、球根類など他の園にあまりないニッチなラインナップです。



今の季節は完全に断水されててメセンや球根類は完全休眠状態でした。
夜の気温を気にされているそうで、夜がグッと涼しくなり始めたら水遣りするそうです。
ハオルチアもお疲れ気味でしたが、二グラの顔違いを3点入手。



他にはアナカンやらユーフォルビアやらガガイモやドルステニアを入手しました。

園芸屋らしく一言。
先の記事にも書きましたが、多肉植物ブームが来てると言われてますが、実際は生産者も少なくなって行き、日本のサボテン需要は減って行ってます。その中で勝負して行く一つの武器がニッチなんだなと感じます。
ただ作るだけでは無く人の心を掴んで行く物を作らないと行けない難しいけど、それがまた一つの醍醐味にもなると思います。







プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。