スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原種シクラメン期が来たぞー。

お盆以降残暑の気配も無くもう夜は虫の音が聞こえる季節になって来ました。
原種系シクラメンも目覚め始めて少しバタバタする時期になります。



気の早いヘデリフォリウムなどは既に花を咲き終わりクルクルが始まってます^^;
クルクルを摘めばまた花が咲くと思いますが。。。





秋咲き品種は花芽が付いてますね。
原種系シクラメンは春咲き品種と秋咲き品種と常緑品種がありますが、面白い事に春咲き、秋咲きは休眠時期は違いますが、目覚める時期はほぼ同じだったりします。。。。。。



目覚めたら軽く潅水してやると刺激になって良いです。
本格的に遣ると腐る場合もありますが、水を遣らずに枯らすリスクと枯らすかも知れないが後々の事を考えてやるリスクとありますが。。。
また、皮が薄いコウムやシプリウムなどはたまにシワシワになってる場合もありますが、そういうタマタマは軽く湿らせて様子見ると膨らんで来たりします。
何事も慌てては行けないですね。。。

用土は自生地を見ると石灰岩に生えている光景を見かけますが、あんまり気にしない方が良いです。
ペーハー値は弱酸性か中性で良くワザワザアルカリ性にする必要性は無いです。

配合はこちらでは言及しませんが、気を付けなきゃ行けない点は、ペーハー値を、調整してない材料をなるべく使わない事です。
例えばやっすい鹿沼土だと酸性が強すぎるとかあります。
鉱物系のマテリアルを混ぜる場合も産地によって特性が変わります。
例 カガライト→保水力がかなり高い。
ゼオライト→水捌けがかなりよい。
などありますのでご注意を。

植え替え時期は自分は休眠直後にやりますが、今シーズンは休眠明けにやることに。。。芽が動いてますが、なんとかなるかなと思います。
後は夏のバクテリアや菌類の発生を防ぐ意味で有機物を極力無しにしてましたが、今シーズンは水持ちを考えて有機物をソコソコ投入しました。。。結果はどうでしょう。

今シーズンは脱落も少しありましたが先ず先ずの生き残りだと思います。
なにはともあれ花が楽しみな季節になって来ました。



続きを読む

スポンサーサイト

雨の後のエケベリア

失敗談です。



エトナの葉っぱが汚くなりました。



直接の原因は雨による泥跳ねですが、ちゃんと対処すれは防ぐ事も可能なので半分は栽培者の責任と認識の甘さでもあります。

激しい雨が降れば、泥跳ねが発生します。
泥跳ねは葉っぱの表面を傷つけて、更に土壌に存在するバクテリアや菌を運んで来ます。
ありていに申すと、病原菌にまみれた石礫をぶつけられる様な物。

鉢を土から30cm以上高い場所に置く。
ブロックと板があれば簡単に出来ます。
雨上がりは鉢や葉を綺麗に優しいシャワーなどで泥を落とし乾かしてから殺菌剤を散布する。

…以上の作業をサボらずやればかなり病気は防ぐ事が出来ます。

他の園芸植物にも共通する事ですが、繊細な多肉植物は特に気を付けないと行けませんね。
夏は特に見た目より葉が疲弊してますが尚更です。

今回は殺菌剤を撒いたけど、鉢が低くく雨跳ねが酷い場所に置いたままにしたのが原因。
気を付けないと行けませんね。

プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。