スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀川カクタスさんに

先週の話。。。
自分の中のサボテン成分が枯渇して来た気がしたので(と言う名目で)サボテン園に行って来ました。



富山からだと親不知を通過して糸魚川まで高速で行きそれから海から山に向かい白馬に向かい長野まで行きます。

※上画像は糸魚川のインター付近にあるプラントです。
夜になると灯りがかっこいいです。

茶臼山の麓へ



はい、皆さんご存知の堀川カクタスさんに行って来ました。



シンボルツリーの25万円のパキプス。



デカイ、ユーフォルビア。。。



この時期は木になる多肉系プランツは外に雨ざらしであります。

綺麗なハウスに入ると、



高いマンゾウとか、



アロエコーナーとか、



珍しい交配エケベリアとか、



思わず、フヒッっと笑が出てしまいそうな肉バット(ユーフォルビア・アブデリクリ)とか沢山ありました。

※自分の好みばかり写しましたが多肉植物一式ありましてリーズナブルな可愛いエケベリアもありますよ。



肝心のサボテン温室は一段と熱くなるように設計されてまして、入るのに躊躇しました^^;

先客のカップルが暑い中一緒懸命サボテンを物色してるのを尻目に、少しだけ買って見ました^^;

※えっ?何コレ⁈何処にありました?などと聞かれ何故か店員さんになってしまいましたが。。。職業病ですね^^;



前回来た時にあったら入手しようと思ってたらまだあった万物想とか、



白い斑入りの大鳳玉とか、



入手しました。。。
環境が変わるから秋まで水遣りせずに様子を見る日々になります。。。

おまけ





サボテンの花は意外と少なかったですね。。。



暑さに弱いギムノが潜ってる位だから花はもう終わったんだと思います^^;
スポンサーサイト

白い粒粒が発生

サボテンの大敵白絹病菌が黒竜に発生する事案が発生しました( ;´Д`)
あまり気持ちが良い物では無いので写真は割愛しますが。。。小規模で鉢栽培をしている栽培家には由々しき事態です。


白絹病ってなんぞ?と言う人もいるかもしれないので特徴を。
まあググれば色々詳しく出てきますが。。。

用土の粒子が納豆が糸を引くような菌糸でつながってる。
株の地際部やその周辺の地表面に白又は褐色の粟粒大の粒…いわゆる菌核が発生。

伝染性が非常に強く、株が一晩で枯死する事も。。。

恐ろしい菌Death。。。

サボタニの根に憑くカイガラムシ類と間違える人も居ますが据えた臭いがしたり、糸状の粒つぶがあったりするので違いが分かる筈。

本来地表に生息する菌なんですが、サボテンや多肉植物の鉢底は通気性を重視してますので鉢底にも発生しやすいのです。

何故発生するかと言うと。。。

発生適温が30~35℃なので用土などに元々菌が混入してたら一気に夏場に増えたりします。。。
安い未発酵の有機質の材料をつかったり
すると菌が混入してる事も。。。
また培養土の使い回しなども原因になります。

某園の土は白絹病で蔓延してると言う噂もありますが。。。
憶測で言うと失礼なので深くは言いませんが…ええ。

話は戻りますが黒竜はとりあえず引っこ抜いて直射日光を浴びせ乾燥させて見ました。。。



人参ではありませんよ^^;
こういうサボテンも世の中にあるんです。
普通のサボテンなら胴切りして下は穴を掘って埋めて鉢は廃棄なんですが、塊根サボはそうは行きません。。。

白絹病対策を調べると。。。

腐りがなければ熱湯消毒した用土へ植え込む。
消石灰で消毒する。。。

気休めです…菌が食い込んで無いことを祈るのみですね。。。

追記

白絹病を治療する薬剤は無い。
発病したら他への感染を防ぐため、すぐに抜き取り、焼却する以外方法は無い。
いったん白絹病が発生すると菌核は土の中で長く生存するので、鉢栽培の場合には、培養土も廃棄する。
などと書かれてます。。。

園のせいにするのは簡単ですが、自己責任で、入手した後は鉢底をチェックしたり、どんな土で植えたか聞いたりして清潔な用土に植え替えをした方が良いと思います。

簡単なチェック方法。

鉢底をチェックして粒つぶが無いか確認。
土の匂いをかいでみる。
サボテンが水を上げない。

などあればグレーゾーンになるかもしれましせん。

夏場の恐ろしい菌の話でした。


東京に行った話です

唐突ですが、自分が植木屋修行を一区切り付けて何故か花屋務めを始めて間も無くの話。

池袋の屋上に今や皆がもってる…いや逆に要らないwと言う宝草の錦が○千円で売られてたのを有頂天で買い、部屋でニタニタしてた頃、今でも頭が上がらない女性多肉植物栽培家のパイオニア(と思われる)なお方と知り合い(前世では自分と姉だったとかなんとか( ;´Д`))国際多肉植物協会と言う物があり例会と言うサバトがあるだよ…と言う話を聞かされて震え上がった記憶があります…それから幾星霜。。。

今やサバトどころかBBとまで呼ばれ、TV取材まで来て全国津々浦々から多肉植物ファンが集い若い女性も大勢参加する健全なイベントにまで盛り上がって来た国際多肉植物協会主催のビックバザールに始めて行って来ました。。。

関東から富山までは山がある分遠く、海沿いに越後湯沢まで特急で走り越後湯沢から新幹線と言うルートゆえに滅多に東京にはこれませんが、時間などの都合が上手く空いたので今回参加して見ようかなと思い立ちました。

駄文が長くなりましたが、ラン展を楽しむ余韻に浸る間も無く(前回記事の話)池袋から会場の五反田まで。。。

会場ではなく会場地下の喫茶店でTwitterで普段相手して下さってる方々にお会いして、ご挨拶をさせて頂き、凄まじい勢いで初対面の方に出会い、凄まじい量の情報を脳に詰め込まれ、会場に。


自分的には他所の例会で見慣れた風景より新しい出会いの方が大切ですので……浮かれて思わず写真撮りそこねてました( ;´Д`)
まあ文才と綺麗な写真を撮るのに長けてる多肉植物ブロガーさんも多数居ますからそちらで鱈腹みて頂き、こちらのブログを開いた方は運が悪かったと思ってもらえば幸いです。。。

会場ではセリが行われ即売会が開かれ多数の多肉植物ファンが集う祭り。
普段のサボ会との違いと言うと若い女性なども多数いて華やかな所でしょうか。

普段の例会は加齢…ベテラン栽培家の空気が重厚ですしね。。。



一枚だけ写真がありました^^;
即売のブースの写真が。。。

自分が、買いもしない花籠をある方に勧めたり、セリに参加する気も無いのに、ある方にセリを勧めたり好き放題してご迷惑をお掛けしましたが。。。

恒例ですが入手した物を見せびらかす事に。



自分が入手する植物のは、とにかく自分が思わず笑える物…と言う基準をもっています。
笑ったら買う即売会ですね。。。

と言う訳で4時間掛けて帰路に。。。
全然報告じゃない報告をしました。

※不躾な田舎者を相手して下さった方々、ご挨拶がキチンと出来なかった方々にお詫びと感謝をさせて頂きます。

長文失礼。








東京のイベントに、

先日は東京に行ってました。
イベントが目白押しで池袋サンシャインに久々に行って来ました。



ラン展が開催されてました。
シーサーがお出迎えしてくれてます^^



ラン展(嘘)では沖縄のエイサーが舞われてました^^
これが少女漫画のネタでネットで話題になったチムドンドンか…と思いつつ。
俺もチムドンドンしたいってセリフをつぶやきながらラン展を満喫しました。

…まあ適当な説明はこの辺に(池袋サンシャインの周辺でめんそーれ沖縄祭りが開催されてたのは本当です)







夏らしく爽やかなラインナップです。





うん…爽やかです。

ラン展のお楽しみと言えば即売会ですね。



中々の品揃えでした。

で、知りたく無いとは思いますが、自分の購入品を見せびらかす事に。



…芳香がある野生のシクラメン・プルプラセンスの選抜とかミヤマウズラとかミヤマシュスランとか学難とか。
学難はガクナンで学名の分類がむつかしいからが語源と言う豆知識も教わり。

……一応ランも買いましたよ^^;
ミヤマウズラとかもランですが。。。



長いデンドロビウムを少々入手しました。

長いデンドロビウムを好青年の店員さんに新聞に包んでもらい剥き出しのランをぶら下げながらエイサーを尻目に今度は五反田の多肉のサバ…国際多肉植物協会主催のビックバザールに向かいました。

続く。。。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。