スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース系ハオルチア

珍しくハオルチアの記事です^^;
と言っても多肉植物栽培歴はハオルチアが一番始めだったりします。

レツーサ系はハウス中の場所を確保したい故に減らしてますが、レース系と呼ばれるノギが多くて葉がペラペラでサボテンの栽培家には草と呼ばれるハオルチアは別腹だったりします。

自分語りはその辺に今回紹介する草は




デシピエンス。
ノギがキツく葉がペラペラなレース系ハオルチア。
こいつは色んなタイプがあって分類がむつかしい。
肉厚な物などは別種にも見える。
札が消えると分からなくなる。

栽培はボルシーに比べたら少しむつかしいけど、草は草。。。と言ったら失礼か。
水遣りも忘れた頃に出来るのも良い。

自分のは厳し過ぎるかもしれないけど、写真位にノギがカリカリになるとワイルドで中の緑の美しさが引き立つ…かも。
高級ハオルチアで有名なハウスから純系として出た草です。



コレはケマリ。学名もケマリだけど、デシピエンスの亜種、もしくは選抜種と言われてる。色合いは違うのでシノニムとは違う…と思います。

何と無くデシピエンスより日本の気候に合うのか、デシピエンスよりエレガントな草姿になります。
これも、クラブからの出物。

ケマリは蹴鞠だと思うが現地の人が毛鞠と勘違いしてケマリにしたとしたら面白い。。。憶測ですよ^^;



だって蹴鞠の鞠ってツルツルですしw

脱線…(>人<;)

そんなデシピエンスとケマリを掛け合わせたら



個体差はありますが、中々色合いが綺麗な草姿になります。
これも忘れた頃に水遣りをしてますが、やや日影気味なのかノギがチリチリになってませんが^^;

甘々栽培で優雅な草姿を楽しむか、厳しい栽培でワイルドな草姿にするか…どちらも捨てがたい魅力がありますね。
スポンサーサイト

アルブカの謎(立巻きカール編)

いつかの記事で3大紛らわしコイルなアルブカの分類…と言うか現状を考察しましたが、今回は立巻きカールの記事。

立巻きロールと言えば、コンコルデア。
(旧コンコルディアナム)が有名ですね。



写真はコントラータの名前入手したけど、なんかよく分からないんだよねーと言う有耶無耶パターンで頂いた怪しいアルブカ。
なにが怪しいと言えば、albuca contrataで検索すると何故か日本や中国のサイトが真っ先にヒットするんですね( ;´Д`)
…怪し過ぎる( ;´Д`)

コンコルデアと誰か間違えたんじゃ?とも思いますが(この業界にはありがち)
故意に変な名前を付けたとも…。
そんな大人の事情は置いといて、コンコルデアと比べて見たいと思います。



コントラータ(他称)と同じ場所で同じ条件下で育ったコンコルデア^^;

これでよく言われる栽培条件の差と言う言い逃れは出来ませんよね。

コントラータ⁇は葉が針金見たく細いですが、コンコルデアは少し葉が幅広。

花で判定しようと試みたブログなども見受けられますが、果たして結論は出たのか?

別種なのか、交雑種なのか、個体差なのか…解りませんが、コントラータは日本独自のアルブカと言う仮説を立てておきます^^;
追跡調査続行中ということで。

ついでにコンコルデアの立巻きカールは休眠開けに出来るだけ風と日当たりを確保出来るかがカールを盛るコツ。



名古屋嬢も真っ青な盛りのこの鉢は、砂浜で育ったアルブカ嬢。



一方、日当たりイマイチな何処で雨ざらしの過保護なアルブカ嬢はゆるふわ系。

試しに鉢を交換して見た結論もゆるふわ系も名古屋盛りになるという結果に…環境は人…植物を変えますね。

腐りが心配で室内やハウスで箱入り娘にしとくと、返って魅力を引き出せなくなりますね。

リトープス栽培メモ冬の始め編

いよいよ日本に冬将軍がやって来ました。
リトープスは今年は花が咲く時季が若干遅れ気味見たいですが、我が家では例年通り咲いてくれました。



日輪系を皮切りに、



様々な花が咲きました。



花色も黄色と白が中心ですが、微妙に色が違います。



花が先終わるとリトープスは、島田先生の言われる第二次生育期に入ります。

第二次生育期は、新葉が下から上がり始める準備の時期と自分は解釈してます。
次の葉を出す準備に取り掛かるので一旦葉っぱの生育は緩くなる時期で、寒さも厳しくなる時期ですから水遣りは一旦中止します。。。

雪を少しかぶっても平気な位、寒さに強いリトープスですが、9月が生育期で分かる通り、寒さが好きという訳ではありません。
この時期に水遣りするのは日照時間も少なくなり、気温も落ちて、鉢も乾きにくいので真夏以上にシビアになります。

リトープス栽培を始めた当初は寒さに強い→寒さが好きと勘違いして水遣りして強いはずの聖典玉を腐らせた苦い経験があります。。。

長雨故か11月のプラ鉢などは内部に結露が出来る位湿度も増します。
その水分で充分賄えるので水遣りは晴れの日が続きそうな日を選んで遣って居ます。
根が深いリトープスは鉢の底面から
水遣りするのもこの時期のテクニックになるかもしれないですね。
不要な水遣りは二重脱皮や形が崩れる元になるとも言われてますね。
気にしない人は普通に水遣りしても良いかもしれないですが。。。

この時期は日に当てる方が大事になります。風通しは、寒風を当てるのが良いのか分からないのでじめっとならない程度の風通しにします。
風通しより湿度が重要な気がします。

脱皮が終わるまでは我慢の季節が来ると思います。。。

サボ園にガガ様を

久々の更新です。。。
リトープスやガガイモの花の総集編を、やらねばならなくなった位色々咲きました^^;

それはさておいて、いつもお世話になってるサボテン園さんにお邪魔しました。



快晴でした。
海に近い砂浜のハウスで、周辺ではトマトやパプリカなどの園芸野菜が栽培されてる中にしれっとサボテン園がまぎれてます^^;



海は見えませんが完全な砂地。



こんな場所だと南ア球根はかなり有利にそだてれますね。



羨ましいです。




高価なご神木、パキプスが屋根だけのハウスに。。。( ;´Д`)
都会だと盗まれかねません。。。





ハウス中は午前10時で35度( ;´Д`)
ソコソコ暑いDeath。



好きなマニアには天国ですね^ ^






で、2時間位滞在してました。



お土産は大量のガガイモ。。。。生産者になれそうな勢いで調子に乗って貰いました。。。本当スンマセン^^;



購入品は立派な九頭竜。



某ハオルチアクラブ出身の純系ギガス。
古くからある分、交雑が多い種なので実は貴重な一品。



育て方が未だによくわからないエリオスペルマム。
若者に人気…らしい。




頂いてしまった七変化交配種。

長く居るとお土産が増えるだけなのでこの辺に^^;

品種が多いと話も弾んでしまいついつい長居してしまいますね。。。

見ておられるか分かりませんが、ありがとうございました^^
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。