スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の多肉。

海外の多肉と言う題名ですが、おがくず便やK種やエデンや銀の丘などからのマニア的な個人輸入な話では無いのでがっかりされたらすいません^^;

むしろマニアが眉をひそめるかもしれない、オサレ系花屋が好む切り花やオサレ資材としての輸入される多肉です。

日本でもカクトさんとかチクリン村とか埼玉の観葉屋さんとかもオサレ系多肉を生産して多肉入門者の受け口になってると思います。
中級以上になると。。。その話はこの記事では無しで^^;

切り花も大量に色んな国からやって来ます。
バラならアフリカ系、コロンビアとかオーストラリアからはトロピカルプランツとか色々あります。

輸入されてる多肉は主にオランダ他ヨーロッパからやって来ます。
マニアな彼処はドイツですがそこは今はスルー。





こんな感じですバークに植え込まれて来る場合と斬首された状態で来る場合とあります。



首だけの奴は植えるか、ワイヤー掛けたりしてブーケやアレンジに使うか自分で植え込むかです。

当店は植えています。



大規模な工場で大量生産してますから品質はかなり良いですよ。
バイラスはまず入ってないです。
7年掛けて作って出荷するナーセリーもあります。
花卉業者から見たら多肉はまだまだニッチです^^;

多肉と言うか園芸植物と言えば名前問題と言う物があります。
例えばエケベリア・七福神はアレやコレのシノニム(学術的に同じ物)とか。
タチの悪いあいつやあいつなんか同じ物を葉っぱが微妙に違うだけで新品種と。。。ゲフゲフン
あと、和名が幾つもあるとか。



例えば、写真の銀波錦も茸姫と言う別名ありますし。

色んな大人の事情がありますが、外国でもそれは大差ないです。



例えば、上の写真のエケベリアはスピカと名前がついてますし。



リラシナ(ライラシナ)なんかはリナ・チャイナと表記してあります^^;

オランダやドイツ、スペインなど言語の違いで発音が変わるのもあるんですが。
多肉でも、サキュレント、サッカレンテンってなりますし。

生産や販売サイドから見たら、向こうのナーセリーでオリジナルで作ってるのだから問題無いと言えばそうですが、マニアにしたら名前が違うだけでつい集めてしまいネットで調べまくり一株に対して一晩の時間を費やす事になる可能性もあります。。。





なので、当店はエケベリアとだけ表示してありますし名前に拘りがある方にはお勧めしてないですが。。。



何が言いたいかと言うと、多肉植物だけでも色んな国から入って来てると言う事情ですね(;´Д`A

それを混乱と批判するのは簡単だけど、知的探求を楽しむと考えたりするとまた違う楽しみの園芸が出来るのかな?
などと思ったり思わなかったりします。

ただ、騙して売るの奴とは仲良く出来ないかな(;´Д`A
スポンサーサイト

2013年変化朝顔総集編

縁があり変化朝顔を育てる事になった今シーズンの夏の園芸。
咲いた花の総集編です。







最初に咲いたのはQ1091。





こういう出物が発現しました。



次は紫台咲き。
縮緬の葉っぱとデベソの花筒が面白い。



Q635。



綺麗な色調。

いろんなバリエーションが出たQ607















因みに本来の607はこんな花らしい。



以上総集編でした。
これから涼しくなるのでまた咲きやすくなるかもしれないです。

実生サボテン植え替え

実生のサボテンの植え替え2回目をやりました。



植え替え前。
実は先日うっかりフタしめ忘れて夜に雨が降り、2回位完全水没させてしまいました^^;
そしたらいきなり水貰ったせいか急にデカくなったり、とろけて死亡したりしたので乾いてから植え替えする事に。。。



用土はまだチビ苗だからパーライトのP3と言う細かいパーライトを5、赤玉2、鹿沼2、怪しい何かを1の用土にマグアンプKを混ぜ合わせた配合。
保水とか水捌けを良い感じに…屋上庭園の人工土壌見たいな土です。



まだ小さいのもあるので傷をつけ無いように。。。





結果鉢が増えました(;´Д`A
天城と自家栽培のギムノとこんなに集めてどうしよう。。。選抜するなら今のウチ。。。蒔いた当初の半分位にはなってますがまだまだ思いっきりが足りません。
だって天城は飽和状態ですし。

余談。。。

名古屋の御代人のセレブ栽培家さんは植え替えはパートのおばちゃんにやって貰うとか。
おばちゃんも割り箸ひとつで素早く植え付けする職人だとか^^;

朝顔の種が沢山あったらやって見よう

変化朝顔が色々咲いて来ました。
出物もついに咲いて来ましたよ( ^ω^ )






青笹葉青藤車絞切咲牡丹でしょうか。
切咲きは采咲きと車咲きの中間って感じでしょうか。
個人的な主観も入るかな~と思いますが。

貴方の心にある花が本当の貴方に取っての花なんです。

と逃げ口上を述べときますか。


出物自慢はこれまでにして、変化朝顔の維持方法と言うのは種を大量に蒔かないと行けないので中々大変な物です。



中々大変です…大変だ(;´Д`A

で、種を取る株はカーテンなどにすると良いですが、カーテンにするにしても限度があります。

行燈にしても場所が。。。と言う時は名古屋朝顔風の仕立て物にしてはどうでしょう?



名古屋朝顔とは大輪系の朝顔をツルをカットして盆栽みたいにして鑑賞する伝統園芸の一つです。
本来なら名古屋朝顔のための品種があって中々入手は出来ませんが。。。

それに習って葉っぱが7枚になったら短いツルを整理してカットと辛い水遣りを繰り返すと節が詰まった仕立てになります。



まだまだ節を詰めて仕立てる事も可能ですが、其処は少し手抜きをしても良いと思います^^;

千利休は秀吉に自宅の朝顔を見たいと言われ、朝顔をすべて摘み取り、一輪の朝顔だけを薄暗い茶室に飾りポッと浮かぶ花を魅せて秀吉を唸らせたと言う逸話がありますが、矢張り一輪はさみしいかも。



なので、支柱をこの字を横にした支柱を立ててツルを一本巻きました。

帽子仕立てと言う江戸時代からある仕立て方を参考にしました。

歌川国芳の五行之内朝顔の土性
と言う浮世絵に歯磨きしながら帽子仕立ての変化朝顔を持つ美人画があるんです。

※浮世絵で見る江戸の花を参考にしました。

鉢はプラ鉢ですが、室内に飾るにはそれでも良いと思います^^;
こういうのを並べて風鈴の下で団扇を仰ぎながら眺めるのも一興かもしれませんね。

同じ種から

変化朝顔のお話。

同じ種から色んな花のバリエーションが出てます。



これが多分この種で一番よく咲いている花です。



葉が蝉葉で普通のタイプかな?と思い名古屋仕立てにした株から絞り模様が出現。





さらにこんな色抜け見たいな物も出現しました。








この3株は同じ種です。
葉の形はそれぞれ丸葉になったり、蝉葉になったりしてました。

コレからどんな形や色の物が出るのか楽しみですね^^

信州回り2

じつはちょくちょく行くので改めて紹介する程では無いのですが^^;

錦玉園さんから長野方面に行きます。
途中、他の山の草の店に寄ったり、蕎麦食ったり寄り道しながら到着。




歴史好きなら知ってる茶臼山の麓にある堀川カクタスさん。



何時も思うけど、非常に綺麗な園です。
多肉ファンなら言わずもがなですが、カオスな園も沢山あります。
と言うかそのカオスな雰囲気を味わうのもサボテン.多肉園の楽しみ方ではありますが^^;
でも、ココは綺麗です。



入口は芋達がお出迎え( ^ω^ )
しれっと高いのも混じってますが。





老舗の一つですからハオルチアも充実してますね。



ハハハー。



サボテン温室は灼熱地獄(;´Д`A
子供は入場ご遠慮になってます。
何故か老…ベテランさんはセーフwww



ココではマニアな感じの物を入手^^;





芋とか棘とか。



多肉好きが好きなブロメリアとかもさりげなく増やしてしまいました^^;

多肉聖地巡礼。

大げさなタイトルですが、信州・長野の園を少し回って来ました。



北陸だと糸魚川から白馬村を通過して行くのが主なルートです。
白馬村はスキー場のメッカですが、今は高山植物やトレッキング目当てのハイカーがチラホラ居ます。

話は逸れましたが、北陸側だとサボテンメインの高木カクタスさんやオールラウンダーの堀川カクタスさん、西沢カクタスさんなど近いので比較的よく回るんですが、今回は関東よりの小諸市、エケベリアで有名な彼処に行って来ました。



髭の園主さんで有名な錦玉園ですね。





エケベリアはカラフルで楽しいですよね( ^ω^ )
夏の平日だから誰も居なくて(1人従業員の方?はおられましたが。)多肉見学し放題でした。



エケベリアがメインで超有名ですが、実はメセン類も見逃せないんですよここは…。



と言う訳で、入手したのは神風玉。
ここは神風玉の色んな花のバリエーションを作ってるのです。
一つ一つ説明して下さいました。



エケベリアは花野相府蓮を一つ( ^ω^ )
他にも色々持って行ったけど、親だからとか、変わってる奴だからとかでごめんなさいをされたんですが^^;
親木は作り屋さんの生命線だから仕方ないけどね。

と言う訳で1時間位ブラブラして長野方面に。



今度はここに。
次に続きます。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。