スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッソニア開花

マッソニアが咲きました。





ぴぐめあ?と書いてあるけどピグマエアだと思うw
ピグマエアは小さいという意味。
葉っぱに毛が生えてて毛の根元に蜜線があるのでベタベタしてピカピカしている。

ネオバッケリア何とかのシノニムって説もあるけどよくわからない。
興味がある人はググッて見ると面白い…かも。




花は薄いピンクで紫の花粉。
先シーズンは種採り損なったけど今シーズンは是非採りたい。

おまけの話。

南アQ根は多肉屋さんがよく販売してるが、実は分類がまだきちんとされてない研究途中の物が沢山あります。
アルブカやラケナリアもそう。
以前クルクルアルブカの、分類の記事を書いた事ありますが、非常に難解。

マッソニアでも。。。





先日入手したコレもエキナータと呼ばれてましたが花が紫かも知れんとか。。。紫花が咲けば楽しいですが^^エキナータは確か白花。
エキナータのタイプ違いとか称して何処かで売られるの何と無く目に。。。

勘違いや研究が進んで名称の変更などの大人の事情はまあしょうも無いですが仕方ないですが、売る側がよく分からないのにタイプ違いなどと言うと混乱が起きるよなって話になります。
スポンサーサイト

アルブカの謎(立巻きカール編)

いつかの記事で3大紛らわしコイルなアルブカの分類…と言うか現状を考察しましたが、今回は立巻きカールの記事。

立巻きロールと言えば、コンコルデア。
(旧コンコルディアナム)が有名ですね。



写真はコントラータの名前入手したけど、なんかよく分からないんだよねーと言う有耶無耶パターンで頂いた怪しいアルブカ。
なにが怪しいと言えば、albuca contrataで検索すると何故か日本や中国のサイトが真っ先にヒットするんですね( ;´Д`)
…怪し過ぎる( ;´Д`)

コンコルデアと誰か間違えたんじゃ?とも思いますが(この業界にはありがち)
故意に変な名前を付けたとも…。
そんな大人の事情は置いといて、コンコルデアと比べて見たいと思います。



コントラータ(他称)と同じ場所で同じ条件下で育ったコンコルデア^^;

これでよく言われる栽培条件の差と言う言い逃れは出来ませんよね。

コントラータ⁇は葉が針金見たく細いですが、コンコルデアは少し葉が幅広。

花で判定しようと試みたブログなども見受けられますが、果たして結論は出たのか?

別種なのか、交雑種なのか、個体差なのか…解りませんが、コントラータは日本独自のアルブカと言う仮説を立てておきます^^;
追跡調査続行中ということで。

ついでにコンコルデアの立巻きカールは休眠開けに出来るだけ風と日当たりを確保出来るかがカールを盛るコツ。



名古屋嬢も真っ青な盛りのこの鉢は、砂浜で育ったアルブカ嬢。



一方、日当たりイマイチな何処で雨ざらしの過保護なアルブカ嬢はゆるふわ系。

試しに鉢を交換して見た結論もゆるふわ系も名古屋盛りになるという結果に…環境は人…植物を変えますね。

腐りが心配で室内やハウスで箱入り娘にしとくと、返って魅力を引き出せなくなりますね。

ドルステニアが伸び過ぎたので他雑考

Q根(と言うか塊根)のドルステニア・ヒルデブランディー。
普及はして来たけどまだマニアな芋の部類に入るので栽培方法がまだ掴めてないのですが、少ない紹介で夏は遮光気味の方が良いと言われてます。



少し暗めの棚に40℃近い環境で育てた結果。。。少し徒長した?感じに。

水遣りは3日に1回程度水を張ったバケツにそっと沈めて鉢が冷えるまでじっくりと遣る感じでした。
ハウスの湿度はサボに付くハダニを警戒して打ち水などして60パーセント位をキープしてました。



明るさはこんな感じ。
写真は違うドルステニアですが。。。

それでも何故かヒルデブランディーだけにハダニがついたので外の日当たり良い場所に移動。



。。。2週間位外に居ました。
ハダニは消えましたが、雨に打たれて伸び過ぎた茎が倒壊。。。(´Д` )



。。。時期が時期なので、思い切ってとまではいかないけど、中位の感じで剪定しました。

さて吉となるか凶となるか。





剪定した枝は白い汁が出たのでそれを洗って水挿しと普通の挿木にして見ました。

根が出たらまた報告します。
出なかったら。。。お察しを^^;

夏のドルステニア一部まとめ。

ドルステニアはある程度日当たりが必要な種もある。
水揚げが良い草木なので水遣り頻度は高めだが徒長にも気を使う。
ハダニが付く。
外に置いた方が調子が良い(多分夜露が必要なんだろう)

など自分の感覚で分かりました。
問題は冬です。。。ね。

ドイツのオガクズ便

遅ればせながらドイツのエキゾチカから届きました。



高級オガクズです( ^ω^ )



中身はこれ。
怪しいイワタバコと怪しいクワの塊根達。
シニンギアとドルステニア。



他の人はユーフォルビアやブラキステマやら買ってるのを尻目にマイナー路線を走ってます(・ω・)ノ

どっちもどっちと言うのが一般的な考えなのかも知れ無いですが。。。

シニンギアは皆大好きな断崖の女王様が有名ですが、案外他の種は日本にありませんので輸入するしか無い感じです。
たまに某所で出るけど一瞬で売れるし。
マイナー路線じゃないのかな?



葉っぱもモフモフです。
近縁種のストレプトカーパスやグロシキニアに比べたら地味花ですが、葉っぱが良いんですよね。



ドルステニアと言えば、塊根とヒトデみたいな花がインパクトありますね。
最近、栽培してる人が増えた気がしますが流行ってるのかな?

両者とも如何せん栽培方法が確立されて無いので手探りになりますね。

再投稿恐るべしクルクルアルブカ

アルブカ記事の再投稿です。
少し難しい内容なので興味がある方は一考されると良いかも^^;



クルクルの葉っぱが最近人気の球根、アルブカの紹介です。

アルブカは南アフリカ球根ですが寒さに強く良く増えます。
多肉屋さんでも取り扱いが増えてますが、球根は球根の扱いで育てた方が無難です。



写真はアルブカ・ウィスコサ。

一番出回るクルクルは人気があります。

。。。が、実はウィスコサ、スピラリス、ナマクエンシスとクルクルアルブカは3種あるんです。
しかもかなり似てるし、交雑もしてるので見分けは中々難しいのです(´Д` )







上写真、アルブカ・スピラリス。

お店では大抵ナマクエンシスと一括りにされてます。
少し知識があるとこだとスピラリスと分類してあります。

この時期の見分け方は葉っぱの微毛です。

微毛がびっしり生えてるのがウィスコサ。
微毛が葉っぱの付け根に生えてるのがナマクエンシス。
葉っぱがツルツルなのがスピラリス。

ですがぁ~スピラリスには有毛タイプもあるのですΣ(゚д゚lll)

しかも、ナマクエンシスとスピラリスは同じ場合から出現するらしいです。
有毛スピラリスがナマクエンシスとして出て、カールが緩いタイプかな?と思ったらスピラリスかも^^;

受粉時の特徴としては。。。

スピラリスはやや花数も少ないけど、自家受粉しやすい。

ナマクエンシスとウィスコサは花数かわ多く自家受粉はしないが、交雑しやすい。

らしいです。

ナマクエンシスとウィスコサの交雑まで参入されたら一園芸店や多肉屋さんではもう何が何だかと言う感じでしょうね( ;´Д`)

因みにナマクエンシスにはオランダで選抜されたフリズルシズルと言う葉っぱが幅広の種もあります。
たまに普通のナマクエンシスいやウィスコサかもしれない種をフリズルシズルとして売る店を見ますが、これはアウトかも。




立て巻ロールのコンコルディアナ。
これもロールし無い種があります。
紛らわしいですね。



こんな感じの物もあります。



コレは直線の葉っぱフミリス。
球根を出して育てるとこんな感じになります。
植え替えしろって感じですが^^;



コレは不明。



コレも不明^^;

札をボールペンで書いたら剥げました。
鉛筆で札を書いた方が良いですよ。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。