スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い粒粒が発生

サボテンの大敵白絹病菌が黒竜に発生する事案が発生しました( ;´Д`)
あまり気持ちが良い物では無いので写真は割愛しますが。。。小規模で鉢栽培をしている栽培家には由々しき事態です。


白絹病ってなんぞ?と言う人もいるかもしれないので特徴を。
まあググれば色々詳しく出てきますが。。。

用土の粒子が納豆が糸を引くような菌糸でつながってる。
株の地際部やその周辺の地表面に白又は褐色の粟粒大の粒…いわゆる菌核が発生。

伝染性が非常に強く、株が一晩で枯死する事も。。。

恐ろしい菌Death。。。

サボタニの根に憑くカイガラムシ類と間違える人も居ますが据えた臭いがしたり、糸状の粒つぶがあったりするので違いが分かる筈。

本来地表に生息する菌なんですが、サボテンや多肉植物の鉢底は通気性を重視してますので鉢底にも発生しやすいのです。

何故発生するかと言うと。。。

発生適温が30~35℃なので用土などに元々菌が混入してたら一気に夏場に増えたりします。。。
安い未発酵の有機質の材料をつかったり
すると菌が混入してる事も。。。
また培養土の使い回しなども原因になります。

某園の土は白絹病で蔓延してると言う噂もありますが。。。
憶測で言うと失礼なので深くは言いませんが…ええ。

話は戻りますが黒竜はとりあえず引っこ抜いて直射日光を浴びせ乾燥させて見ました。。。



人参ではありませんよ^^;
こういうサボテンも世の中にあるんです。
普通のサボテンなら胴切りして下は穴を掘って埋めて鉢は廃棄なんですが、塊根サボはそうは行きません。。。

白絹病対策を調べると。。。

腐りがなければ熱湯消毒した用土へ植え込む。
消石灰で消毒する。。。

気休めです…菌が食い込んで無いことを祈るのみですね。。。

追記

白絹病を治療する薬剤は無い。
発病したら他への感染を防ぐため、すぐに抜き取り、焼却する以外方法は無い。
いったん白絹病が発生すると菌核は土の中で長く生存するので、鉢栽培の場合には、培養土も廃棄する。
などと書かれてます。。。

園のせいにするのは簡単ですが、自己責任で、入手した後は鉢底をチェックしたり、どんな土で植えたか聞いたりして清潔な用土に植え替えをした方が良いと思います。

簡単なチェック方法。

鉢底をチェックして粒つぶが無いか確認。
土の匂いをかいでみる。
サボテンが水を上げない。

などあればグレーゾーンになるかもしれましせん。

夏場の恐ろしい菌の話でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>人参ではありませんよ。
の前に人参かと思ってしまいました。(^艸^)

白絹病。
恐ろしいですね。
黒竜さん何事も無く元気になると良いですね。

さやさん

根がこんなにデカイとは思いませんでした^^;
人参見たいですよねw

白絹病はサボテンには無縁と思われてますが、結構タチが悪い菌類です。

とりあえず干して様子見してますが果たして。。。
プロフィール

kawaken

Author:kawaken
時々ロックになる民俗学が好きな植物偏愛家です。
役に立つ事もたまに言うかもしれないけど、基本だらじゃべり。
時々若さ?ゆえの暴走もあるかも無いかも。
その時はご笑納を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。